ロックな風俗嬢に惚れた

珍しいジャンルだったんですよね

出張した先に風俗街があったんです。それだけであればそこまで珍しい話じゃないと思いますし、むしろ出張した時こそ風俗のチャンスって人もいると思うんです。だから風俗街があったということを力説したいんじゃないんです。力説したいのは、そこに性感マッサージがあったことなんですよね。性感マッサージって、実は使ったことがなかったんですよ(笑)名前は知っていましたけど、何をするのかって言われても漠然としたイメージと言うか、まぁ性的なマッサージなんだろうなと(笑)そのっままですけど、本当にこのくらいしか思わなかったんですよ。だから逆に気になったので、性感マッサージデビューとなったんですけど、なかなか良かったです。思っていたものと全然違うということもなく、むしろ気に入ったくらいですね(笑)女の子の丹念なプレイは、自分の体に快感を刻み付けてくれたんじゃないかなって。だから性感マッサージ、これからも楽しみたいですね。

なかなかの逸材だと実感している

彼女、かなりの逸材なんじゃないかなと。まだ新人風俗嬢だというのにあれだけのことが出来るのであれば、あとは経験・場数の問題であって、ポテンシャルに関しては何も問題ないんじゃないのかなって思うんですよね。新人風俗嬢とも何度か相手をしたことがあるんですけど、新人だとどうしてもまだまだ先の展開が読めないじゃないですか。だから勝負所が分からないがために、こちらの勝負どころと相手の思う勝負所がずれてしまうケースもあると思うんですけど、彼女は新人でありながらそれがありませんでした。しかも様子を見ていると決してたまたまではないなと。こちらの呼吸を見計らいつつ、何をするのがベストなのかと言うことを模索してこちらのために頑張ってくれているのが分かりました。その事実だけでも彼女との時間はとても貴重なものになったんじゃないのかなって思いますし、今後が楽しみな風俗嬢との出会いという点でも自分に様々なものをもたらしてくれたなって。